健忘症に注意 | 寝付けない、熟睡できない、様々な不眠の悩みは睡眠薬で解消しよう!

健忘症に注意

水を飲む女性

睡眠薬を服用した際に現れる副作用に「健忘」という物があります。
この症状は薬によって起きやすい、起きにくいというのが別れていますが、どの睡眠薬でも服用することで起こる可能性があるというのを覚えておきましょう。

そしてこの健忘の症状ですが、簡単に言うと「夢遊病」のようなものです。
夢遊病というのは眠っている間に体が勝手に起きて動き、食事をしたり誰かと話をしたりメールを送ったり……というような行動をとる症状なのですが、健忘というのは睡眠薬を服用して自分は意識がない状態に発生する夢遊病のような症状の事なのです。
一見すると笑い話にもなり得るこの症状ですが、状況によっては大きなトラブルに発展する可能性もあります。
自分が覚えていない間に会社の人とビジネスの約束を取り付けていた、家族と何か約束をしていた、大切な物をどこかに隠してしまった……このような行動もすべて忘れてしまう為、時にはトラブルになったり、賠償問題になるような重大なミスにもつながってしまうのです。

その為、睡眠薬を服用した際は速やかにベッドや布団に入って眠る体制を整える、そして翌朝起きたときに何か異常行動をしていなかったか身近な人に聴いたり、携帯の着信、メールなどの送信履歴、そのような物を徹底的に確認するようにしましょう。