作用時間で選ぶ | 寝付けない、熟睡できない、様々な不眠の悩みは睡眠薬で解消しよう!

作用時間で選ぶ

睡眠薬を服用する男性

睡眠時間には作用時間という物が存在しています。
この作用時間というのは「薬が効き始めるまでどれくらいかかるのか、そしてどれくらいで切れるのか」というのを現す言葉で、この時間によって4つのカテゴリ訳が行われます。
このカテゴリ訳というのは睡眠薬選びをする上で非常に重要な物で、服用する際に作用時間とそれによって分かれるカテゴリをしっかりと意識して薬選びを行わないと、薬を飲んでも一向に効果が無かったり、場合によっては効いてほしくないタイミングで薬が効き始める事もあるので、服用の際は注意するようにしましょう。

カテゴリは4つ存在していて、それぞれ「超短時間作用型」「短時間作用型」「中間作用型」「長時間作用型」という物があります。
超短時間作用型と短時間作用型は服用後30分〜1時間ほどで効果が現れ始め、1〜2時間で効果のピークが訪れ、3〜5時間程で効果が切れるタイプの睡眠薬が分類されます。
この薬は入眠障害と呼ばれる「眠ろうと思っても寝付けない」種類の睡眠障害に悩んでいる人が服用することによって、スムーズに寝付くことができ、更に睡眠中に効果が切れるので、寝起きもスッキリとしたものになるという特徴があります。
そして中間作用型と長時間作用型は先ほどの物と真逆で、服用後2時間程で効果が現れ始め、3〜5時間ほどで効果のピークが訪れ、6〜10時間ほどで効果が切れる、という特徴があります。
服用後効果が現れるまで非常に時間がかかる為、中途覚醒と呼ばれるような「眠れるけれども途中で目が覚めてしまって熟睡できない」という症状に悩んでいる人が服用することにより、寝ている間に薬の効果が現れ初め、朝までしっかりと眠れるようになるのです。

症状に合わせた薬を服用しないと寝たくても眠れない、起きたくも起きれない、という事になるので、充分に注意するようにしましょう。